トークセラピー

トークセラピーについて

トークセラピーは、カウンセリングのように感じるかもしれません。

カウンセリングとは、「自己の成長・発達を援助する」ということをいいます。

分かりやすくいえば「よりあなたらしく、より楽に毎日を送ることができるようにサポートする」ということです。

あなたの心の状況を整理し、問題解決の仕方などを一緒に見つけだしていきます。

こういったカウンセリング概念が土台になっています。

私は学生の頃から、カウンセリングを学び実践して、公共機関での電話相談もしてきましたので、初めてカウンセリング・セラピーを受けられる方も安心して対話できると思います。

トークセラピーでは、アクティブリスニングによる傾聴という愛を体験していただきながら、あなたの頭の中で絡まった糸を一緒にほどいていく作業をします。

カウンセラーが、アウェアネスの高まった状態でお話をお聞きして、クライエントを無条件に受容すること・クライエントに対して共感的な理解を持つことを心がけたアクティブリスニングをすることにより、あなたの『気づき』が深まってきます。

そして、さらに絡まった糸をほどくために、インテグレイティッド心理学をベースにした問いかけの質問をしていきます。

あなたが抑圧して気づいていない思い(潜在意識の思い)がどのように投影されているかを一緒に探っていきます。

気づいていない潜在意識の思いや感情を発見・発掘していきます。

気づいていない思いに『気づく』だけでも、変化していくことがあります。

さらに、カウンセリング的なアプローチに加えて、コーチング的要素も取り入れた効果的な質問をすることによって、あなたが自分の直面する問題に気づき、可能性を発揮し、自分の力で一歩前進していくお手伝いもさせていただいています。

アクティブリスニングという愛をベースに、カウンセリング、問いかけ、NLP、リフレーミング等を使っていきます。