💬 旦那と話がかみ合わずすぐ喧嘩になる
💬 パートナーと意見が違うと喧嘩になる

そんな方が、自分は自分、他人は他人になり、
こころの境界線を引く

本当にあなたの考えは正しいのでしょうか?

あなたは、自分の考えが正しいと思っていませんか~?

先日、ある方が、
「うちの夫は白黒つけたい方だから、
何かあると私と言い合いになって、
それを見た子どもが、喧嘩してるっていうのよ。」
と言っていました。

私も昔はそうでした。

元夫に分かって欲しいと思って、説得しようとしていました。

「だって、私の考えは一般的に正しいし、
知人の誰に話しても
『あなたが正しい。』
って言ってくれるもの。
だから夫が間違っているし、
夫のためにも、そうしたほうが良いと思うから言ってるの。」

そんな風でした。

だから、子どもから見たら、
「いつもお母さんは、お父さんにガミガミ言っている」
って思っていたかもしれません。

こころの境界線のお話

私は、すべては自分の《思い》や《感情》の投影だと知り、
何が正しくて、何が間違っているということもないことも知りました。
境界線を越えて、相手の領域に入ってはいけないことも知りました。

自分の意見を分かって欲しいと思う人は、

・自分を認めて欲しいのかもしれません。
・親に、頭ごなしに教えられてきたのかもしれません。
・寂しいのかもしれません。
・相手を思い通りにコントロールしたいのかもしれません。

でも、
境界線を越えて、相手の領域に入って行っても、
境界線を越えられて、自分の領域に入られても、
どちらにしてもお互いにとって苦しみが生まれるだけです。

そのことは、最終的には誰が責任を持つことになるのかをよく見てみると、
相手の領域に入らない方がよい問題かどうかを見分けることができますよ。

例えば、子どもが勉強をしなくて将来困ったことになったとしても
親が責任を取り続けることはできますか?

そして、何が正しくて、何が間違っていると本当に言えるんでしょうか?

例えば、人を憎むことがあっても悪くないし、
万人を愛する人が良いかどうかわからない。

あなたは、どうして相手の考えを間違っていると言えるのでしょうか?
自分では気づいてないところで、家族をジャッジしていませんか?

家族をジャッジしなくなると、自分も幸せになって行きますよ。

 

メルマガでもこころの境界線についての内容もお伝えしているので、よければ読者登録してください。

愛され上手で大切にされる最適パートナーシップを繋ぐメルマガ
読者登録フォーム
お名前(姓名)
メールアドレス