今日は、『抑圧→投影』『防御→攻撃』の仕組みを具体例で話して、

自己受容できている人は、なぜ人を攻撃しないのか?という話をします。

 

以前、タイのチェンマイへ行ったときに

ニューハーフショーを観ました(*^^*)

とにかくすごいパワーで

とっても元気になったのを覚えています。

自己受容できていると強くなれる!ドヤ顔(•̀ω•́ )

「なんでこんなにこちらまで元気になっちゃったんだろう〜?」

って考えてみたら、

ニューハーフの方々が、

自分を受け入れ自信満々だったからかな?って思いました。

自己受容できて

自分を愛することができているということでしょうか?

 

自分を愛することを

自分を甘やかすことだと思ってる人もいるけど、

自分を愛することは、

ダメな自分を受け入れることができていること。

 

ニューハーフって、普通じゃないって批判されることもあるかもしれないけど、

タイのオネエには、そんなことを気にしない強さも感じました。

 

一緒に撮ってもらった写真は、

あまりにも可愛く色も白く綺麗なお肌のニューハーフちゃんなので

私がすごくブスに見えて、誰にも見せてなかったんだけど、

ニューハーフちゃん達のパワーをもらって、

色が黒くてブスに見えるも掲載しちゃおう!

自分が隠さなくちゃとかダメだと思っていることは、他人から見ると大したことがない!

 

自分が、隠さなくちゃ!とか、ダメだと思っている部分は、

他の人からしたら大したこともないことも多いので、

自分の思考の声に騙されないでね〜〜!

自分が隠さなくちゃとか、

ダメだと思っている部分があるから、

そこを防御するために、攻撃も起こるのであって、

自己受容が高まると争いも減る!

『抑圧→投影』『防御→攻撃』の仕組み

防御と攻撃の仕組みが腑に落ちていると、かなり楽に生きていけます。

事例で説明してみますね(*^^*)

 

たとえば、自分のことをつまらない人間だと思っていたとします。

そして、そのことをダメなことだと思っていたとします。

その人にとっては、

「面白い人間」=すごい人、

「つまらない人間」=ダメな人

という価値観になっています。

 

その価値観のフィルターで世界を見るので、

面白い誰かを見ると、

「あの人は面白い人で良い感じ〜〜」

と、その人の評価は高くなり(ポジティブ投影)。

つまらない誰かを見ると、

「あいつはつまんないやつだ〜」

と、その人の評価は低くなります。

 

 

そうやって相手に自己の価値観を投影し、

ポジティブ、ネガティブな感情も生まれちゃうの。

 

 

自分のつまらない部分をダメだと思っているので、

つまらない部分は抑圧します。見ないふりをします。

一生懸命に面白くあろうと頑張っているかもしれませんし、

開き直っているかもしれません。

もし、「あなたは面白くないね」と言われたら、

ものすごくショックを受けます。

なぜなら、一番痛いところを突かれたからです。

 

そのため、そういった相手に対し、憎しみを覚え、強い攻撃をしたり、自分を守ったりします。

 

これが、『抑圧→投影』『防御→攻撃』の仕組み。

 

なので、腹が立ったら、

自分が何を抑圧して

自分にとって何が一番痛いと感じてるのかをみてみると良いよ。

 

※抑圧していること←我慢していることだったりもするよ。

※自分が痛いこと←自分がダメだと感じていることだったりするよ。

 

メルマガでもお役に立つことを配信しています。
よければ読者登録してくださいね(^^)

宇宙サポートで自分らしく輝いて生きる
読者登録フォーム
お名前(姓名)
メールアドレス