EFTタッピングセラピー

軽いタッピングと簡単な言葉によって体のエネルギー(日本や中国でいう「気」)を整え、感情的な苦痛やストレス、また、それにともなう身体的症状を解消するテクニックです。
「トントンと自分の身体を軽くタッピングしながら、ネガティブな感情を言葉にして、自分の中からその辛い感情を解放する方法」といったイメージです。

顔や胸周辺の8つのツボを、指で軽くタッピングするシンプルな手法で、針を使わない、感情へのツボ療法とも言われています。

詳細はこちら

ヒプノセラピー

催眠誘導のリラクゼーションで心も身体も深くリラックスさせます。
セラピーを通して自分自身を深く理解することにより自己成長が促され、自分自身の中に用意されていた問題解決の答えに気づくこともできます。

心の安定を取り戻し自分自身の可能性を開花させていきましょう。

詳細はこちら

マトリックス・リインプリディング

あなたが分かっていてもコントロールができない感情や反応は、無意識化に残ってる記憶のイメージから起こっているのかもしれません。
記憶のイメージは、代々の家系が持つ信念もエネルギーフィールドで引き継がれることがあります。

そんなあなたの無意識化の癒しを行えるものが、マトリックス・リインプリンティングです。
誕生の時のトラウマに関しては、特にマトリックス・リバーシングを使い癒していきます。

詳細はこちら

トークセラピー

トークセラピーでは、アクティブリスニングによる傾聴という愛を体験していただきながら、あなたの頭の中で絡まった糸を一緒にほどいていく作業をします。

カウンセラーが、アウェアネスの高まった状態でお話をお聞きして、クライエントを無条件に受容すること・クライエントに対して共感的な理解を持つことを心がけたアクティブリスニングをすることにより、あなたの『気づき』が深まってきます。

そして、さらに絡まった糸をほどくために、インテグレイティッド心理学をベースにした問いかけの質問をしていきます。

詳細はこちら

アドバンスカラーセラピー

アドバンスカラーセラピーは、Color Presents代表である荒岡真由美さんが、セッションはもちろん、セミナー、研修などさまざなカラーセラピスト養成講座開講の実績経験をもとに「カラーセラピーにはこれが必要!」という部分を取り入れて開発した、実践的なカラーセラピーシステムです。

癒しに使えるだけでなく、コーチング的に前進するためもに使えます。

詳細はこちら

オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD)

オープン・アウェアネス・ダイアローグ(OAD)とは、溝口あゆかさんが提唱しているカウンセリングとセラピーの一連の手法です。

それは、悟り(非二元)の教えをベースに人の心のしくみを解いたインテグレイテッド心理学を基にして、カウンセリング(問いかけ)を充分に行い、その上でセラピーを使う、または、セラピーとともに問いかけを使うという癒しの手法です。

心のしくみの知識、問いかけ、セラピー、カウンセリングスキルなどを組み合わせて行います。

詳細はこちら

セラピーを希望される方へ

どんな問題解決にも、どんな望みを叶えるためにも、まず自分を知ることが大切です。
自分を知らないままに、前に進もうとしても、ついついあの素敵な人のように!とか、成功法則はこうだから!と惑わされてしまします。

ですからセラピーを希望される方にも、より自分を理解し持って生まれた個性を活かすために、リーディングも併せてご利用いただくことをオススメしています。