トークセラピーでは、心の整理に繋がる聞き方をベースに、質問や各種心理療法を用い、悩みを解決していくだけでなく『望む未来に繋がる』セッションをさせて頂いています。

カウンセリングとトークセラピーの違い

ここではカウンセリングと、トークセラピーが、どのように違うかを説明します。

カウンセリングとは

一般的にカウンセリングとは、悩み事を解決していく援助のことを言います。
その多くは、話を聴く(傾聴する)という意味合いがあります。

傾聴とは、ただあなたの話に耳を方向け、徹底的に聞くことを通して、気づきを促していく対話療法です。

トークセラピーとは

トークセラピーとは「傾聴」による、心の整理を中心とし、それに加えて、

  • 質問
  • 各種心理療法(NLP、ヒプノセラピー、EFTタッピングセラピー…etc)

を用いた、

  • 心の整理
  • 抑圧された思いと感情の開放
  • 望む未来への行動

に繋がるセッションを言います。

対話により

  • 何を悩んでいるのか、わからない
  • 何にこだわっているのか、わからない
  • なぜ、こんなにも進めないのかわからない
  • 悩みが、ぶり返す

といった、心の葛藤となる「心の絡まり」を紐解き、

各種心理療法や、質問を適宜加えることにより、
望む未来に繋がる、行動援助を行います。

トークセラピーを用いる理由

カウンセリングが、癒やしに繋がるのは確かです。
しかし、それだけだとクライエント自身が

  • こじれた悩みを紐解く
  • 思い込みの呪縛から開放される
  • 自身を客観視する

が難しく、多くの気づきを得、癒やされたにも関わらず、悩みをぶり返すことがあるんです。
要は、そこに停滞し、望む未来への行動に繋がりづらいのです。

そしてこのように、停滞を感じると、場合によっては自己否定に繋がることもあります。

そういった事を防ぎ、人生を自由に謳歌していただくためにも、当サロンに来られる方には、トークセラピーをベースとしたセッションを提供させて頂いています。

抑圧した“思いや感情”の開放

トークセラピーで行う質問は、インテグレイティッド心理学をベースにしています。
この質問をすることで、こじらせた悩みの本質(抑圧していた潜在意識の思いや感情)を探り当てていくことができます。

また、それにより、習慣化されてきた「不都合な心の習慣・思考の習慣」が、わかってきます。
これが『大きな気づき』となり、不都合な習慣を変えていく「新しい幸せな習慣」を育てる行動へと繋がります。

メニュー

・単発60分コース(オンライン(電話・Zoom・Skype)限定) 
・単発90分コース
にて、ご提供しています。